みやぎNPOナビ
 みやぎNPOナビは、NPOや市民活動団体の信頼性を高めるための情報提供の仕組みづくりに向け、みやぎNPO情報公開システム運用協議会が運営するサイトです。[石巻市版]では、石巻市内の市民活動団体の情報を提供しています。

お知らせ

  • 団体情報の新規登録について(2013.03.27)
  • 団体情報の新規登録を開始いたしました。 所定の用紙に必要事項を記入の上、事務局まで郵送していただくか、登録フォームから必要事項を入力して送信してください。 事務局で内容を確認し、ご連絡いたします。 次の
  • みやぎNPOナビのサービスを開始いたしました(2013.03.27)
  • みやぎNPOナビでは、宮城県内のNPOや社団法人を個別に調査し、団体情報として登録しています。 どうぞご活用ください。

トピック

  • 男性のためのおにぎり・シアター
  • 5月24日(木)、特定非営利活動法人まちの寄り合い所・うめばたけ主催【男性のためのおにぎり・シアター】が市民協・いしのまきハウス(うめばたけ)で行われました。その名の通りおにぎりを食べながら映画鑑賞です。でも、実は奥が深い!!参加者7名、最年少70歳~最年長83歳の男性が揃いました。会場設営からおにぎり作りも参加者が行います。中には生まれて初めておにぎりを作る方もいました。横長のテーブルを囲み、食事をしながらゆるやかな交流の時間が続きます。年々耳の聞こえが悪くなると、人との会..
  • みっちゃんち「春の見学会」
  • 3月29日(木)特定非営利活動法人 髙橋園 みっちゃんち(髙橋博美理事長)にて「春の見学会」が開催されました。当団体は、障がいのある18歳以上の方を対象に、日常生活上の支援、創作的な活動、作業的な活動を通して生涯にわたる成長を促しています。この日は天候に恵まれたため、みんなで敷地内にある畑で、はつか大根やジャガイモなどの種を植えました。畑は「土の香りに触れることで、季節を感じてもらいたい」との思いから、職員の方が耕して作ったのだそうです。髙橋理事長は、「障がいを持っていても、..
  • 東日本大震災追悼3.11のつどい
  • 東日本大震災から丸7年たった3月11日(日)、石巻市南浜地区の「がんばろう!石巻」看板付近にて「東日本大震災追悼3.11のつどい」が開催されました。風もなく穏やかな青空が広がっていた、当日。会場には朝から献花台に花を手向け、手を合わせに訪れる方々がみられ、県内外から多くの一般ボランティアも参加しました。会場には追悼の思いを込め、石巻市で犠牲になられた方々の数である3.600個の灯ろうが並べられ、中には市民の方からの「忘れないよ」「いつまでも大好きだよ」というメッセージが書かれ..
  • Facebook活用講座
  • 3月7日(水)石巻市NPO支援オフィスにて「Facebook活用講座」が開催されました。講師に母親支援団体ママンフルーリの後藤和江さんをお招きし、Facebook機能の”ページ”や”イベント”などを使用して、団体のPRやイベント周知のコツを教えていただきました。それぞれの機能のメリット・特徴、個人ページとの違い、などの説明や、後藤さんの実体験などとともに、実際に自分のスマートフォンを使用してイベントページを作成し、より多くの人に見てもらうための情報発信の仕方を学びました。後藤..
  • 講座「追波川物語」
  • 1月31日(水)、宮城県高齢者生活協同組合さんが地域の寄り合い所として運営されている地域福祉事業所「ひなたぼっこ石巻」にて、講座「追波川物語」が開催されました。「ひなたぼっこ石巻」では、ささえあい・交流・協同の場とし、多世代交流や講座、ハイキング、季節ごとのイベントなどを行われています。故郷の素晴らしさをじっくり知る機会として、郷土史を勉強されている神農さんを講師にお招きし、定期的に市内の郷土史(金華山、貞山運河、若宮丸など)について学ぶ会も開催されており、今回は追波川をテー..
  • 「子どもたちと一緒につくるまち~地域通貨「まーぶ」の実践~」
  • 12月16日(土)、特定非営利活動法人TEDICさん主催の「子どもの貧困最前線」連続フォーラム第4回目が開催されました。今回は「子どもたちと一緒につくるまち~地域通貨「まーぶ」の実践~」という事で大阪のNPO法人暮らしづくりネットワーク北芝の松村幸裕子さんを講師にお話を伺いました。暮らしづくりネットワーク北芝は大阪府箕面市萱野地域にて「誰もが安心して暮らせるまち」を作るために子どもの居場所拠点活動やみんなで朝ご飯を食べる芝樂市など地域の中で様々なきっかけづくりを行い、人や組織..
  • 性的マイノリティの基礎知識」~復興における性的マイノリティに係る課題について~
  • 11月20日(月)石巻市役所4階庁議室を会場として、石巻市役所職員及び関係団体向け研修「性的マイノリティの基礎知識」~復興における性的マイノリティに係る課題について~が開催されました。第一部は、講師に弘前大学男女共同参画推進室 助教の山下梓さんをお迎えし、取り巻く現状、法令・政策などについてのお話がありました。性的マイノリティとは、性自認(性別に関する自己意識)や性的指向に関する少数者の総称で、外国に比べて日本ではまだまだ理解度が低いのが現状とのこと。国や地域を問わず存在して..
  • 魚料理教室
  • 11月18日(土)石巻市水産振興総合センター調理室にて、石巻を考える女性の会主催の「旬の魚で!親子魚料理教室」が行われました。豊富な水揚げ量を誇る大漁港である石巻に生まれ育った子どもたちに、魚の魅力や調理する楽しさを知ってほしいと企画されました。魚は石巻魚市場株式会社様からその日の朝に水揚げされた鮭とイカをご提供いただいたそうです。会場には、年中から小学6年生までの親子6組と女性の会の会員13人が参加しました。冒頭に今日使う魚の説明があり、鮭やイカをまるごと見るのは珍しいのか..
  • 日本カーシェアリング協会さん新拠点お披露目会!
  • 11月15日(水)、日本カーシェアリング協会さんの新拠点落成お披露目会が開催されました。こちらの新拠点は仮設住宅の再利用として移築前提で建てられた福島の仮設住宅をボランティアさんと一緒に皆さん自身で解体、移動、組み立てされました。解体から組み立て完了まで33日、参加者268名ということで、建築者や大工として携わった方からは「ボランティアの方だけで本当にできるのか夜も眠れなかった」「この日程で無事にできたのは奇跡だ」「廃材もほとんどなく、汚れなども含めて、みんなでつくりあげた跡..
  • みんなで踊ろう♡石・恋ダンス
  • 11月3日(金・祝)石ノ森萬画館前の広場を会場として、「みんなで踊ろう♡石・恋ダンス」が開催されました。この催しは、NPO法人石巻復興支援ネットワークさん主催の「石巻に恋しちゃった♡(通称:石恋)」のオープニングイベントとして行われたものです。石恋は、石巻・東松島・女川で、趣味や特技を持つ地元市民を発掘し、「達人」として講師になっていただき、物づくり講座やフィールドワークなどの体験プログラムを行う「まちづくりプロジェクト」で、今回で10回目の開催になります。会場には子どもから..
  • 子どものまち・いしのまき
  • 10月7日(土)8日(日)の2日間、石巻中央一・二丁目、立町を会場として「子どものまち・いしのまき(主催・子どものための石巻市民会議(戸田勇也代表))」が開催されました。このイベントは、子どもたち自身がお店や商品、まちの仕組みなどを考えて運営し、一つのまちを創り上げる「子どもによるまちづくり・仕事イベント」で、今年で六回目の開催となります。「マキー」と呼ばれる特別通貨をお金の代わりに使用して、実際に働き、稼いだマキーで買い物などの体験ができます。子ども店長たちによる飲食店や銀..
  • 第2回ともいきシンポジウム「被災地から考える社会保障フォーラム」
  • 8月28日(月)石巻市開成のNOMCOホールにて、(公財)共生地域創造財団主催のもと「第2回ともいきシンポジウム「被災地から考える社会保障フォーラム」」が開催されました。当団体は3団体の協働によって東日本大震災の支援活動を目的に組織された団体で、石巻事務所では、生活相談、就業訓練、フードバンク事業など、相手との信頼関係を作り自立の部分まで支援していく「伴走型支援」と称した支援を行っています。ともいきシンポジウム第二回目となった今回は、「持続可能な社会保障制度の構築に向けて」と..
  • 住民支えあい活動 いっぽずつ…の会
  • 8月25日(金)石巻赤十字病院の講堂内にて「いっぽずつ…乳がんになったあなたとともに(勝浦千珠代表)」主催のもと、住民支えあい活動が行われました。同団体は、勝浦代表の乳がん罹患体験をきっかけに、幅広い世代に向けて乳がんの早期発見の啓発活動、乳がん患者の心のケアを行われています。また、年に数回、地域住人同士が集まってワークショップやランチタイムを過ごすコミュ二ケーションの場も開催されています。今回の会では70代、80代の女性で構成されたコーラスグループ「豊かに老いる会」のメンバ..
  • ココロの灯り
  • 東日本大震災の月命日にあたる8月11日(金)、石巻市雲雀野の木村木材(株)雲雀野ヤードで、石巻商工会議所青年部と実行委員会主催のもと「ココロの灯り~スカイランタンに想いをのせて~」が開催されました。市内外から多くの人びとが参加。迎え火として、灯篭やランタン約2200個を並べて点灯し、追悼の想いを込めて1人1人手に持ったLEDスカイランタンを夜空に飛ばしました。歌手の幹~miki~さんによる追悼のコンサートもあり、亡くなられた方々に想いを馳せ、静かに祈りを捧げる夜になりました。..
  • 障がいで町興しシンポジウム
  • 8月11日(金)石巻市保健相談センターにて、一般社団法人シャロームいしのまき(大林健太郎理事長)主催による「べてるの風・開所式」と「障がいで町興しシンポジウム」が開催されました。シャロームいしのまきは、「もう、ひとりぼっちにさせない」をモットーに、精神障がい当事者、家族、その支援者が集う会です。北海道浦河町の社会福祉法人「べてるの家」の考え方・理念を取り入れています。まず初めに、今年の4月に開所した「地域活動支援センター・べてるの風」の開所式が行われました。べてるの風は、障が..